診療内容

小児歯科

小児歯科
小児歯科

乳歯の虫歯の場合は、通常の永久歯の治療とは異なった
特別な配慮と治療が必要となります。
特に乳歯の虫歯はきちんと治療をしないと永久歯に悪影響を及ぼすことがあります。

◇虫歯の予防法には次のようなものがあります。
ブラッシング(歯みがき):原因菌の減少・清掃
食生活改善(砂糖摂取制限):原因菌のエネルギー源を断つ
フッ素の使用:歯質の強化

以上の予防法がしっかりと行なわれれば、虫歯の発生率が低くなります。

一般歯科

一般歯科

一般歯科とはどういった治療のことを言うのでしょうか?
分かりやすく説明すると、虫歯や歯周病の治療など、患者さんが歯科医院に通院した際に、受ける治療のことをいいます。
その治療の多くが保険の範囲内で行なわれていることが多いため、保険診療=一般歯科と一般的に広まっております。
ただ、保険制度に制約もあるため、同じ治療でも使用する材料などの違いにより、保険診療ではなくなるケースもあります。

矯正歯科

矯正歯科

歯が不揃いだったり、上下の顎の歯並びがお互いに噛み合わない状態を医学的には「不正咬合」と呼びます。
矯正歯科とは、これらの不正咬合をきちんと噛み合う状態、きれいな歯並びにする歯科治療のことをいいます。
しかし、正常な咬合にするために歯を削ったり、抜いて「差し歯」にすることは基本的にはありません。
専用の矯正装置を用いて、歯や顎の骨に力をかけてゆっくり動かし、歯並びと噛み合わせを時間をかけて治していきます。
不正咬合の主な症状は、出っ歯、受け口、開咬、乱ぐい歯、乳歯反対咬合などがあります。