詰め物・被せ物

  • HOME
  • 詰め物・被せ物

銀歯が気になる時には?

お体に安全で審美性の高いオールセラミック

泉佐野市日根野のおつじ歯科医院では、銀歯などの金属の歯科材料の見た目が気になる方のために、金属が含まれていないからお体に安全で、審美性の高いオールセラミックによる詰め物・被せ物をご提供しております。
保険適用外のため自費診療になりますが、口元の見た目を心配せずに満面の笑顔を浮かべられるようになります。
オールセラミックの詰め物・被せ物には色々な種類がありますが、患者様のご要望に応じて最適なものをご提案させていただきます。

銀歯には金属アレルギーのリスクがあります

保険診療でよく使われる銀歯には、金属アレルギーのリスクがあります。
長くお口の中で使い続けていると、唾液などで溶けて金属イオン化し、体内に蓄積されてかゆみや発疹などのアレルギー症状を引き起こすことがあります。

現在、こうした金属の歯科材料による金属アレルギーの問題が注目されていて、銀歯からお体に安全なオールセラミックに入れ換える方が増えています。
現在、原因がわからないアレルギー症状でお困りの方、将来そうした症状が起こらないか心配な方などは、お気軽に当院へご相談ください。

保険診療と自費診療の違いは?

保険診療には方法・材料に制限があります。

保険診療の場合、治療方法や使用できる材料に制限があり、どうしても限定的な治療にならざるを得ません。
一方、自費診療の場合、費用はかかりますが、治療方法に制限はなく、様々な材料からご自身の希望に合うものをお選びいただくことができます。

保険と自費の比較

保険(銀歯、プラスチックなど) 自費(オールセラミック)
治療方法 制限がある 制限なし
材料 制限がある 制限なし
審美性 低い 高い
耐久性 セラミックと比べると劣る 優れている
変色 変色の可能性がある ほとんど起こらない
アレルギー (金属の場合)リスクがある なし
歯茎の黒ずみ (金属の場合)リスクがある なし

保険でも歯を白くすることができます

小臼歯(歯並びの中央から数えて4・5番目の歯)に限り、CAD/CAM冠(ハイブリッドレジン)という白い被せ物を使って保険適用で歯を白くすることができます。
ハイブリッドレジンとは、レジン(歯科用プラスチック)とセラミックを混ぜ合わせた材料で、オールセラミックと比べると白さ・透明感はやや劣りますが、費用を抑えて歯を白く見せることができます。
「歯を白くしたいけど、そこまで費用はかけたくない」という方などにおすすめです。

セラミックの種類・費用は?

オールセラミック

セラミックのみで作製する詰め物・被せ物で、天然歯に近い白さと透明感が出せるので、口元を美しく見せることができます。

メリット

・審美性が高い
・変色が起こりにくい
・汚れが付着しにくい
・金属アレルギーの心配がない

デメリット

・保険適用外(費用がかかる)
・強い衝撃を受けると破損する恐れがある

費用

80,000円(税抜)

ジルコニア

内側のフレームに強度の高い“ジルコニア”という材料を使い、目に見える部分にセラミックを焼き付けた被せ物です。
強度が高いため、奥歯などの咬合力が強い部位でも安心して使用できます。

メリット

・強度が高く、咬合力が強い奥歯にも使用可能
・審美性が高い
・変色が起こりにくい
・汚れが付着しにくい
・金属アレルギーの心配がない

デメリット

・保険適用外(費用がかかる)
・天然歯よりも硬いため、噛み合う歯を傷つける恐れがある

費用

40,000円(税抜)

072-486-6480